保障内容の見直しはお任せ下さい。神奈川・栃木・福島・兵庫に支店を持つ保険募集代理店

心のこもった保険・家庭のための保険・幸せから生まれた保険…取扱保険会社多数の乗合保険募集代理店 メトロインステック


ホーム > 保険の基礎知識 > 保険商品の見方(主契約)

保険商品の見方

保険商品はさまざまな保障種類を組み合わせて形成されています。
特に生命保険の場合、「保険は複雑だ…」と感じる方も多いと思いますが、商品を構成している部分ごとにわけて考えてみると、保険商品は「主契約」と「特約」から成り立っています。

主契約

主契約とは、生命保険のベースとなる部分で、主契約だけで契約が可能なものです。
代表的な主契約の種類として、「定期保険」「終身保険」「養老保険」があります。

定期保険

定期保険

保険の期間(5年、10年、60歳、65歳など)が、あらかじめ定められた死亡保障の保険です。

その期間内に、病気や災害で亡くなったり、高度障害状態になると、死亡保険金・高度障害保険金を受け取ることができます。 その期間が過ぎると、保険が終了(満了)したことになり、保障はなくなります。 その際、満了になっても満期保険金はありません。

また、保険期間中に保険をやめた(解約)ときに、それまで支払った保険料が一部戻ってくるタイプと、解約してもそれまで支払った保険料が全く戻ってこないタイプの二種類があります。 後者は前者に比べ、割安の保険料で保障を得ることができます。


終身保険

終身保険

終身保険の保険の期間は一生涯であり、死亡されるまで保障されます。
一生涯の保障ですから、定期保険のように満了はありません。 したがって満期保険金もありません。

一方、定期保険と違い、保険をやめた時に戻ってくる解約返戻金があります。 それは、掛け金である保険料の一部が戻ってくるものなので、基本的には実際に支払った保険料の総額より戻ってくる金額は少なくなります。

また、終身保険の保険料の払い方には、一定期間で払い込みが終了する有期払いタイプと、一生涯払い続ける終身払いタイプがあります。 一定期間で払い込みが終了するタイプのなかには、保険料を払い終えたあとに解約すると、解約返戻金がそれまでに支払った保険料を上回る貯蓄性のある商品もあります。

  • ただし、保険料払込期間満了前に解約された場合の解約時受取金は払込保険料を下回ることになります。

養老保険

養老保険

保険の期間(5年、10年、60歳、65歳など)が、あらかじめ定められた死亡保障の保険で、満期時には満期保険金が受け取ることのできる貯蓄型の保険です。

死亡保険金と満期保険金は同額であり、ご存命でも亡くなっても保険金を受け取ることができ、なおかつ貯蓄性がある保険ですので、定期保険や終身保険と比べると保険料は高くなります。


PageTop




保険のご相談・お問い合わせはメトロインステック
お電話でのお問い合わせは0120-897-333まで